教育長あいさつ

更新日:2020年04月13日

砂川 恵重 近影

令和2年4月 教育長 砂川 恵重

北中城村では、

平成26年2月に文部科学大臣賞受賞の記念祝賀会をきっかけに以下の通り、子どもとの関わり宣言を行っています

 

「保護者として」の関わりかたとして

 

・子育てはほめる・𠮟る・見守る・抱きしめる

・我が家での決まりを決めて、実行する

・聞くときは、子どももの目を見て、心を開いて

・子どもと夢を語り合う

・朝ご飯をしっかりとり、生活リズムを整える

・身の回りの不思議、おどろき、感動を子どもと共感する

 

を掲げています。

 

昨年度は、学校での学習のみならず、将来を見越した学習能力を身につけるために、カリキュラム教育を意識した取組を行いました。

 

そのねらいは、

 

        1.人間的な自立 2.社会的な自立 3.経済的な自立

 

ができる知・徳・体のバランスの取れた心身共に健全な村民の育成です。

 

カリキュラム教育の成果として児童生徒一人一人が学習意欲を高めて、高い学力と能力を身につけることが出来ました。研究成果発表会では県内教育関係者から高い評価を受けました。

「わった~わらば~、わった~学校」の標語のもと「かかわり宣言」を行い、国際性に富む人材育成として、中・高校生の「短期海外留学事業」などを行い英語力の向上を図って国際的な情報交換能力の育成にも取り組んでいます。

また、児童生徒の学力向上を図るため、学校においては「主体的に考える力」を柱に授業改善を行っています。さらに地域の協力のもとで「ちむあぐみ塾」での子どもの健全育成の取り組みを行っています。

さらに、教職員や地域の方で児童生徒の本村教育の振興発展に実践的に貢献した方たちの功績を評価し、表彰を行なっています

本村では奨学金貸与も行っています。経済的な理由により学業が困難な大学生などへの支援として就学資金の貸与を行っています。

今日の社会情勢はICTなど大きな変革が進展しておりそれに伴い、生涯学習も時代に対応して改革が必要です。また本村は世界遺産の中城城跡や荻道貝塚並びに中村家などの名所・旧跡などが多くあり文化財の整備事業等も行っており、村民一人一人の生涯にわたり生活の質の向上を図り、生きがいとゆとりのある人生がおくれるような支援に取り組んでおります。

この記事に関するお問い合わせ先

北中城村役場 教育総務課 総務係

郵便番号901-2303

沖縄県中頭郡北中城村字435番地

電話番号:098-935-3773 ファックス:098-935-5144

教育総務課へのお問い合わせはこちら