教育長あいさつ

更新日:2019年09月19日

砂川 恵重 近影

平成31年4月 教育長 砂川 恵重

北中城村では、豊かな人間性と創造性の育成を理念とし、その実現のために学校教育と生涯教育のさまざまな取り組みを行っています。

 

北中城村の教育の目的として

 

1.自ら学ぶ意欲を育て、学力の向上を目指すとともに、豊かな表現力と粘り強さをもつ幼児児童生徒を育成する

 

2.平和で安らぎと活気のある社会の形成者として、郷土文化の継承・発展に寄与し、国際社会・情報社会で活躍する心身共に健全な村民を育成する

 

3.家庭・学校・地域社会の相互連携のもとに、時代の変化に対応しうる教育の方法を追究するとともに、生涯学習を推進する

 

以上の3点を掲げて、知・特・体のバランスの取れた幼児児童生徒の育成を推進するとともに、主体的な村民の生涯学習および社会活動の支援に取り組んでいます。

「わった~わらば~た~、わった~学校」の標語のもと「かかわり宣言」を行い、学校・地域・教育委員会の連携を深めて、村民一体となって教育の推進に取り組んでいます。

国際性に富む人材育成として、中・高校生の「短期海外留学事業」、小・中学生の「ECP英語キャンプ」の他、米国の講師とネットを通じた「ESL英語キャンプ」を行い英語力の向上を図って国際的な情報交換能力の育成に取り組んでいます。

また、児童生徒の学力向上を図るため、学校においては「主体的に考える力」を柱に授業改善を行っています。さらに地域の協力のもとで「ちむあぐみ塾」での子どもの健全育成の取り組みを行っています。

さらに、学習やボランティア活動など継続的に努力・活動し、他の模範となる児童生徒の成果を評価し、表彰を行っています。また本村児童生徒に対する教育の振興発展へ実践的に貢献した教職員や地域の方たちの功績を評価し、表彰を行なっています。

本村では奨学金貸与も行っています。経済的な理由により修学が困難な大学生などへの支援として就学資金の貸与を行っています。

今日の社会情勢は大きな変革が起こっており、それに伴い村民の生涯学習ニーズも多様化しており、中央公民館を中心に各種講座やサークル活動が活発に行われています。また本村は世界遺産の中城城跡や荻道貝塚並びに中村家などの名所・旧跡などが多くあり文化財の整備事業等も行っており、村民一人一人の生涯にわたり生活の質の向上を図り、生きがいとゆとりのある人生がおくれるような支援に取り組んでおります。

この記事に関するお問い合わせ先

北中城村役場 教育総務課 総務係

郵便番号901-2392
沖縄県中頭郡北中城村字喜舎場426-2
電話番号:098-935-3773 ファックス:098-935-5144

教育総務課へのお問い合わせはこちら