令和2年度インフルエンザ予防接種費用助成について

更新日:2020年10月22日

 

本事業は、令和2年度 新型コロナウイルス感染症対策事業の一環として実施されるものになります。


北中城村では、新型コロナウイルス感染症対策として、症状が酷似しているインフルエンザの同時流行を防ぎ、村民の健康及び医療体制の維持を図る事を目的に、令和2年度に限り、インフルエンザ行政措置予防接種の費用を一部助成します。

助成について

概要

 

対象者
(接種回数)

 

インフルエンザ予防接種を希望する方で、接種日時点で北中城村に住民登録のある下記の者

  1. 妊婦(1回)
     
  2. 生後6か月から小学2年生(2回)
     
  3. 60歳未満の方で、心臓や腎臓、呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活を極度に制限される方。
    または、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害があり日常生活を極度に制限される方。(身体障害者手帳1級程度)(1回)

実施期間

令和2年10月26日~令和3年2月28日

費用

自己負担1,000円(村負担額4,247円)

  • 生活保護世帯の方は、個人負担が免除となりますので、「被保護証明書」を持参して接種してください。
  • 10月1日以降に全額自己負担で接種された方は、償還払い対応となりますので、電話でご連絡下さい。

接種場所

中部地区医師会に加入する指定医療機関

右のリンクより施設をご確認ください指定医療機関一覧表(PDFファイル:362KB)

接種方法

  1. 希望する医療機関へ、事前に予約を入れて下さい。
     
  2. 予診票は、医療機関に備え付けのものを使用し、接種を行ないます。(対象者へは、ハガキの案内を送付いたします)

【重要】予防接種をする際の予診票の署名をもって、行政措置予防接種及び本村へ予診票が提出される事について同意したものとします。


予診票の内容は右のリンクをご確認ください。令和2年度 北中城村行政措置インフルエンザ予防接種予診票(PDFファイル:209.5KB)

予診票の裏面内容は、右のリンクをご確認ください予診票裏面説明書(PDFファイル:137.4KB)

インフルエンザとは?

 インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。

38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。

お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方、基礎疾患がある方は二次性の肺炎を伴う等、重症になることがあります。

行政措置予防接種について

今回の予防接種は、予防接種法に基づかない法定外の予防接種であり、北中城村が独自で行う(行政措置による)予防接種となります。

そのため、予防接種による健康被害が起きても、予防接種法に基づく救済を受けることができません。

行政措置予防接種に起因して死亡または身体障害を被った場合には、北中城村予防接種事故災害補償規則に基づく補償を受けることができます。

そのほか独立行政法人医薬品医療機器総合機構に対し、疾病に対する医療費、医療手当、障害年金、障害児養育年金、遺族年金、遺族一時金、葬祭料給付等の請求ができますが、その請求は健康被害を受けた本人またはそのご家族が直接行うことになります。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

北中城村役場 健康保険課 健康対策係

郵便番号901-2392
沖縄県中頭郡北中城村字喜舎場426-2
第二庁舎2階
電話番号:098-935-2233(内線267・268・269・270) ファックス:098-935-4771

健康保険課へのお問い合わせはこちら