沖縄県内における 風しんの発生について

更新日:2018年10月18日

今年度、首都圏で流行していた風しんが、10月に入り沖縄県内でも患者が確認されました。

風しんは、妊婦の方が感染した場合に、胎児に感染し、先天性風しん症候群を起こすこともあります。
感染を防止するためにも、予防や発症時の適切な対応をお願いします。

なお、沖縄県内の風しん情報の詳細につきましては、以下のリンク先よりご確認ください。

● 風しんに感染しないためには、予防接種が重要です。

風しんの定期予防接種対象(第1期:1歳になってから2歳になるまで、第2期:小学校に入学する前の1年間)の方は、早めに予防接種(MR ワクチン)を受けましょう。
 

● 妊婦の方は予防接種が受けられません。風しんに対する免疫が不十分、あるいは不明な妊娠初期の方は、なるべく人混みを避けるとともに、風しん流行地への訪問予定のある方は訪問延期をご検討ください。


 ● 妊娠を希望される方や妊婦の同居者(夫、子どもなど)の方は、かかりつけ医に相談し、抗体検査や予防接種を受けることについて積極的にご検討ください。


● 30代から50代の男性は、風しんの免疫が不十分な世代と言われています。この世代の方は、予防接種について積極的にご検討ください。
 

 

 

参考情報

この記事に関するお問い合わせ先

北中城村役場 健康保険課 健康対策係

郵便番号901-2392
沖縄県中頭郡北中城村字喜舎場426-2
第二庁舎2階
電話番号:098-935-2233(内線267・268・269・270) ファックス:098-935-3488

健康保険課へのお問い合わせはこちら