北中城村における新型コロナウイルス感染症の発生状況

更新日:2021年10月20日

 

新型コロナウイルス感染症により、療養中の方やご家族の皆様には、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。

村では感染症のまん延防止と、感染症によるリスクが個人や社会に与える影響の最小限化及び村民の安全・安心な生活の維持へと繋げるため、村内における新型コロナウイルス感染症の発生状況を村ホームページにて公表しております。

(陽性者数につきましては、沖縄県の公表する情報により把握をしております)

陽性者数

新型コロナウイルスに感染された方や、その御家族に対する不当な差別、偏見、いじめなどを行なうことは、決して許されることではありません。

新型コロナウイルス感染症については、国や県、村など公的機関が提供する正確な情報を入手し、人権に配慮した冷静な行動をとられるようお願い致します。

合計

483件(10月19日現在)

 

令和3年
月別
件数
性別
内訳
年代別内訳
10歳未満 10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90歳以上
10月 2 1           1        
1                   1
9月 35 14 1 1 3 1 3 2 2   1  
21 1 3 1 6 1 3 3   2 1
8月 220 106 18 7 22 16 19 12 7   2 3
114 18 14 25 18 13 14 5 1 1 5
7月 58 32 1 2 12 5 4 2 4 1 1  
26 2 6 5 2 5 4     2  
6月 41 20   2 5 2 4 4 1 1 1  
21 1 5 6 3 4 1     1  
5月 33 18   1 5 3 6   3      
15   1 4 2 4   1 2 1  
4月 34 17   2 3 4 1 3 4      
17 2   4 1 4 3 2   1  
3月 13 7     2 1 2 1   1    
6   1 1 2 1     1    
2月 1 0                    
1           1        
1月 3 1     1              
2     2              

 

令和2年
月別
件数
性別
内訳
年代別内訳
10歳未満 10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90歳以上
12月 18 13     4   4 4     1  
5         1 2   1 1  
11月 7 6   1   2   2 1      
1             1      
10月 5 3     1       1 1    
2             1 1    
9月 1 1               1    
0                    
8月 10 7     2 2   1 1 1    
3     1       1 1    
7月 0 0                    
0                    
6月 0 0                    
0                    
5月 0 0                    
0                    
4月 2 0                    
2       2            

 

陽性者の分析

本村における令和3年8月の陽性者数は220人でした。これは、それまでに最も多かった月の4倍に迫る数字で、8月以降の2か月間で7月以前の16か月間の陽性者数を上回るなど深刻な感染状況となりました。

9月に入ってからは陽性者数に下降傾向がみられますが、これは偏に村民各位による感染拡大防止策へのご協力の賜物と言え、各種防止策にご尽力を頂いた皆様へ心より感謝を申し上げます。

しかし、これまでの数値と比較しても、まだまだ少ないと言える人数ではなく、第6波を未然に防ぐためにも、緊張感をもって感染症対策に取り組まなければならない状況と言えます。

 

村内における陽性者の内訳を分析したところ、5月末に発令された沖縄県における緊急事態宣言の前後で、年齢構成が大きく変化してきていることが分かります。

5月以前の20代以下の割合は30%に満たないものでしたが、6月以降の割合を見ると約45%と大きく上昇しています。特に10代(4%台から11%台に上昇)や10歳未満(1%台から11%台に上昇)についての若い世代の陽性者の増加は極めて深刻です。

これは、延長を重ねて長引いている緊急事態宣言に対する気の緩み以上に、ウイルスがデルタ株に置き換わり、感染力が驚異的に強くなったことが大きいと思われます。

一方で、60歳以上の感染者割合をみると、5月以前は約24%も占めていましたが、6月以降は約13%まで下がっています。

これは、年代が高くなるほど本感染症への危機意識が高いことから、個別で対策をしっかり取られていること等はもちろんですが。5月から7月にかけて高齢者へのワクチン接種が飛躍的に進んだことが大きいと考えられます。

 

ウイルスは感染力が強い型に変異していく特徴があり、やはり本感染症への最も有効な対抗手段は、出来る限り接触を減少させる等のリスク要因の回避。そして何よりワクチンの接種になります。
本村の集団ワクチン接種は10月末を以て終了する予定です。ワクチンの接種がまだの方につきましては、早めの接種を是非ご検討ください。

(文章内の数値は10月3日現在のものです。)

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

北中城村役場 健康保険課 健康対策係

郵便番号901-2392
沖縄県中頭郡北中城村字喜舎場426-2
第二庁舎2階
電話番号:098-935-2267(内線267・268・269・270) ファックス:098-935-4771

健康保険課へのお問い合わせはこちら