北中城村
平和で活力ある田園文化村
サイト内検索
更新情報 暮らしの情報 北中城村について 観光案内 サイトマップ ホーム
総合案内
防災
防災カメラ防災マップ
→ 北中城村長あいさつ
→ 広報 『北中城』
→ 村勢要覧 『北中城』
→ 各課からのお知らせ
→ 北中城機構
→ 近隣施設紹介
→ 施設予約状況
→ 北中城村議会
→ 北中城村例規集
→ 北中城村教育委員会
→ リンク
→ よくあるご質問集
→ 北中城村マップ
→ 入札情報
→ 北中城村
アワセ土地区画整理事業
→ 雇用サポートセンター
北中城村マップ
  HOME > 観光案内
観光案内
世界遺産・中城城跡
中城城跡
 

物語を刻む世界遺産 中城城跡
中城城は、北中城村から中城村にわたる標高167メートルの高台に、東北から南西にほぼ一直線につらなる6つの城郭からなる城で、琉球王国時代に築城家として知られる護佐丸が、勝連半島で勢力を伸ばしていた阿麻和利に対する備えとして、読谷の座喜味城から移されて築いた城だといわれています。自然の地形を巧みに利用した美しい曲線の城壁に囲まれ、一の郭と二の郭は「布積」、三の郭と西北側の郭は「あいかた積」と呼ばれる手法で築かれており、その築城技術は高く評価されています。当時の琉球は、沖縄本島南部の佐敷から興った第一尚氏によって、国家が統一されていく過程にあり、その最終段階でこの城が果した役割は大きいものがありました。護佐丸の滅亡後、この城がどのような使われ方をしたのかについては定かではありませんが、第二尚氏になると中城の領地が王の直轄領となっていたことからすると、中城城は王子の居城としてしばらく使われていた可能性も高いといわれています。平成12年12月、中城城跡を含む「琉球王国のグスク及び関連遺産群」が国内11番目の世界遺産として登録されました。世界に誇る歴史遺産を、私たちは大切に守り伝えていかなければなりません。

A world heritage site with a story Nakagusuku Castle
The remains of Nakagusuku Castle stand on a plateau 167 meters above sea level, stretching between the villages of Kitanakagusuku and Nakagusuku. The castle is comprised of six sections, known as citadels, that are situated in roughly a straight line from northeast to southwest. It was built as a fortress against the growing power of Lord Amawari in the Katsuren Peninsula by Lord Gosamaru, renowned for building castles in the kingdom of the Ryukyus, after his move from Zakimi Castle, which he built in Yomitan. Enclosed by beautifully curved castle walls that follow the natural contours of the land, the first and second citadels were built in the "nunozumi"style, while the third citadel and northwest citadel were built in the "aikatazumi"style, the former orderly and the latter rough. The resulting fortification is highly regarded.
 The Ryukyus in that period of time were in the process of unification by the first Ryukyuan king, Shoshi, who hailed from Sashiki in the southern part of the main island of Okinawa. This castle played an important role in the final stages of that drive toward unification. It is unclear how the castle was used after the demise of Gosamaru, but by the time of the second king the territory of Nakagusuku was under the direct control of the king, so it is very likely that Nakagusuku Castle was used as the king's castle.
 In December 2000, the "Gusuku Sites and Related Properties of the Kingdom of Ryukyu," which include Nakagusuku Castle, officially became the eleventh World Heritage Site in Japan. We will do everything we can to preserve this wonderful historical asset.


* * *

ペリー提督も賞賛中城城はその後も威容を誇り、1853年に黒船でペリー提督一行が沖縄に立ち寄った際、中城城を測量し、「要塞の資材は石灰岩であり、その石造建築は、賞賛すべき構造のものであった」と『日本遠征記』に残しています。過酷を極めた沖縄戦の戦禍もまぬがれ、県内でもっとも原型をとどめた城として、昭和47(1972)年には国指定史跡になり、観光地・行楽地としても人気があり、県内外から多くの人が訪れます。幾多の歴史ドラマをはらんだ中城城は、本村が村づくりの起爆剤として位置づけている「中城公園整備事業」、「古城周辺整備事業」で、今、新たな時代を迎えています。
 


古琉球時代を今に伝える中城城跡

南海の古城に息づくいにしえのロマン。
石垣を渡る風は、訪れる人を古琉球の世界へと誘ってくれます。
 
正門 【1】西の方角へ向けてたてられた正門(櫓門)。門をはさむように両側に石垣がせり出し、ハンタ道(公道)に向け狭間がつくられている。 西の郭 【2】兵馬の訓練をしたといわれる西の郭。長さが約120mある。
北の郭 【3】護佐丸が井戸をとり込み増築したとされる北の郭。 ウフガー 【4】北の郭にあるウフガー。西の郭には夫婦井戸(ミートゥーガー)と呼ばれる二つの井戸がある。城郭内に水を確保していることが、この城の特徴でもある。
裏門 【5】太陽(てだ)が穴(東)に向かって建てられた裏門。ペリー探検隊一行がエジプト式と評した精巧なアーチがひときわ美しい。 三の郭 【6】三の郭は新城(ミーグスク)とも呼ばれ、石積み技法の最も進んだあいかた積み(亀甲乱れ積み)によって築かれている。
二の郭 【7】二の郭。一の郭と二の郭の石積み技法は、布積みである。二の郭の曲線の美しさは一際ひと目をひく。 一の郭 【8】中城城で最も広い一の郭。正殿があった。護佐丸が宴を催した観月台もある。後に間切番所(まぎりばんじょ)が建てられ、廃藩置県後は中城村役場に使用されていたが、沖縄戦で消失した。
遥拝所 【9】霊域・南の郭にある聖地九高島への遥拝所。他に雨乞いの御嶽(うたき)など城内には、八つの拝所がある。今も拝む人が絶えない。 カンジャーガマ 【10】カンジャーガマ(鍛冶屋跡)。鍛冶を行っていたところと言われているが、城のためか集落のためか定かではない。一説によれば護佐丸が阿麻和利に備えるために武具を造っていたとも伝えられている。


 
護佐丸の墓 [護佐丸の墓]
護佐丸(ごさまる):(?〜1458年)
中城按司護佐丸盛春。唐名毛国鼎(もうこくてい)。琉球が三山分立から統一へ向かった頃の武将、名築城家。座喜味城、中城城を築いた。『毛氏先祖由来記』によれば、勝連城主阿麻和利から中山を防御するため、中城の地を賜ったとされる。1458年、阿麻和利の攻略によって滅びた。
 
[中城城跡には三種類の石積みがあります]
中城城跡を含め沖縄のグスクは本土より古い時代から石積技術が発達していました。その石積の種類は、大きく分けて野面積み、布積み(豆腐積み)、あいかた積み(亀甲乱れ積み)があります。
野面積み 布積み

野面積み
<南の郭>

布積み(豆腐積み)
<一の郭城壁>

あいかた積み  

あいかた積み
<北の郭・物見台>

 
▼世界遺産 中城城跡
観覧時間
 ・午前8時半〜午後17時(5月〜9月:午前8時半〜午後18時)
観覧料
 ・大人:400円(団体300円)
 ・中、高校生:300円(団体200円)
 ・小学生:200円(団体100円)
※保護者が同伴する小学校就学前の子供は無料
駐車場
 ・無料
アクセス
 ・那覇空港から一般道で約1時間。沖縄自動車道(北中城IC下車)で約40分。

[中城城跡共同管理協議会]
〒901-2314 沖縄県中頭郡北中城村字大城503番地
TEL098-935-5719
※管理協議会は、中城村と北中城村で運営しています。
↑上に戻る
リンクプライバシーポリシーサイトマップホーム
■北中城村役場:沖縄県北中城村字喜舎場426-2 [地図] TEL(098)935-2233・FAX(098)935-3488
Copyright(C) Okinawa Kitanakagusuku Village. All Rights Reserved.